AUTOart

ホーム

オートアートについて

商品リスト

ショップリスト

コンタクト

Click to enlarge Click to enlarge Click to enlarge Click to enlarge Click to enlarge
日産 GT-R LM NISMO 2015 テストカー
拡大イメージを表示(画像をクリック)
日産 GT-R LM NISMO 2015 テストカー New
品番 : 81577
カテゴリー : Composite Die-cast Model - Racing
スケール : 1:18
メーカー : NISSAN
在庫状況 : 在庫有り
 
価格(税別) : ¥ 17,800
カートへ追加
戻る
日産が2015年の「ル・マン24時間レース」およびFIA世界耐久選手権(WEC)・LMP1カテゴリー参戦用に開発、日産としては16年ぶりに復活したプロトタイプレーシングカーが『日産 GT-R LM NISMO』です。通常のプロトタイプレーシングカーではエンジンをミッドシップにマウントするMRレイアウトが一般的なところ、コクピット前方にエネルギー回生システムと3リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、前輪を駆動するフロントエンジン・フロントドライブレイアウトを採用。FF方式のため、マシンのフロント部分が長いロングノーズ形状で、タイヤ幅も前310ミリ・後200ミリとフロントよりもリアが細い異質なスタイルとなっています。WEC2015年シーズンは、開幕時期とシーズン後半戦を開発期間に充て、結局は第3戦の「ル・マン24時間レース」のみに3台体制で出場。23号車がオリヴィエ・プラ、ヤン・マーデンボロー、マックス・チルトン、22号車がハリー・ティンクネル、アレックス・バンコム、ミハエル・クルム、21号車が松田次生、ルーカス・オルドネス、マルク・シュルジツキーというドライバーラインナップとなりました。決勝では、22号車が24時間を走り切りチェッカーを受けたものの規定周回に満たないため途中棄権扱い、残りの2台はリタイヤという苦しい結果となりました。オートアートでは、従来のプロトタイプレーシングカーとしては他に類を見ない独創的なスタイルを忠実に再現しました ※2ドアオープン仕様。ステアリングは固定式です。

▼『オートアート・コンポジットモデル』(特許出願中)は、ボディには独自配合した「ABS」を、インナーボディには「ダイキャスト」を採用。それぞれの素材の利点を最大限に生かし、ダイキャストモデルに劣らない高剛性と重量感を実現しながら、目の覚めるようなリアルでシャープなボディラインの再現と、ダイキャストボディ以上に正確なチリ合わせやパーツ開閉を可能にした「全く新しい」革新的モデルカーです。

 
詳しく検索する

個人情報保護方針