AUTOart

ホーム

オートアートについて

商品リスト

ショップリスト

コンタクト

Click to enlarge Click to enlarge Click to enlarge Click to enlarge Click to enlarge
ロータス 99T ホンダ F1 日本GP 1987 #12 アイルトン・セナ (ロータス・ロゴ無)
拡大イメージを表示(画像をクリック)
ロータス 99T ホンダ F1 日本GP 1987 #12 アイルトン・セナ (ロータス・ロゴ無)
品番 : 88728
カテゴリー : Composite Die-cast Model - Signature
スケール : 1:18
メーカー : LOTUS
在庫状況 : 在庫有り
 
価格(税別) : ¥ 22,800
カートへ追加
戻る
1987年は、1977年の富士以来10年ぶりに鈴鹿サーキットで日本GPが開催されたことや全戦テレビ中継開始、そして中嶋悟が日本人初のフル参戦を果たすなど、その後の「F1ブーム」が始まるきっかけとなった日本のF1史を語る上で欠かせない年となりました。この年から、「チーム・ロータス」はメインスポンサーが長年のパートナーだったJPSからキャメルに変更、ボディーカラーは新たにイエローになりました。エンジンもルノーからホンダへスイッチ。ジェラール・ドゥカルージュ設計による1987年シーズン用マシン『ロータス 99T ホンダ F1』に搭載された1.5リッターV型6気筒ターボエンジン「RA167E」は、1000ps以上発生したとも言われる強力なパワーユニットでした。ドライバーは、若き天才、アイルトン・セナと日本人初のF1レギュラードライバーデビューとなった中嶋悟。先進技術のアクティブサスペンションの熟成に手間取りながらも、セナのドライブにより、モナコGPとアメリカGPで2連勝を記録。また、イギリスGPでは、セナが3位、中嶋が4位に入賞し、1位のナイジェル・マンセルと2位のネルソン・ピケのウィリアムズ勢とともにホンダエンジンの1-2-3-4フィニッシュを成し遂げました。オートアートでは、その記念すべきシーズンに活躍したF1マシンを忠実に再現しました。コンポジットモデルの利点を活かし、シャープなスタイルを実現。カウルを外すと現れるエンジンや作り込まれた複雑な配管・配線の取り回し、カーボンモノコックの質感まで見どころ満載です。世界で1000台のみの限定生産のロータスロゴ無し仕様。

▼『オートアート・コンポジットモデル』(特許出願中)は、ボディには独自配合した「ABS」を、インナーボディには「ダイキャスト」を採用。それぞれの素材の利点を最大限に生かし、ダイキャストモデルに劣らない高剛性と重量感を実現しながら、目の覚めるようなリアルでシャープなボディラインの再現と、ダイキャストボディ以上に正確なチリ合わせやパーツ開閉を可能にした「全く新しい」革新的モデルカーです。

 
詳しく検索する

個人情報保護方針